MESSAGE

トップメッセージ

ホームトップメッセージ

MESSAGE

トップメッセージ

激動の時代にあって成長し続ける流通企業エイヴイです

代表取締役 木村忠昭

代表取締役 木村忠昭

世界的金融恐慌を背景に 今、日本の経済は混迷の度を深めています。いわゆる日本の社会の構造改革がいわれ、さまざまな業界 ・企業に変革が求められながらも進まぬうちに、外部からの大きな経済ショックをうけた訳です。今までの楽観的な景気循環論では太刀打ちできない、深刻なものとなっているわけです。
色々な業界で、大手どうしの合併や統合による規模の拡大で競争力をつけ、安定をはかろうとする傾向が見られます。また、大手メーカーの様に、生産見通しを下方修正し、大幅な人員削減でこの嵐を乗り切ろうとする動きもあります。
しかし、冷静に考えるならバブル崩壊後からわずかながらも低成長期を過ごした最近に至るまで、日本の内外に抱える構造的問題が変質してしまったわけではないのです。日本が輸出依存体質の強い国であったが為に衝撃が大きく、かつ、変化のスピードがより速くなってしまったのです。
多くの企業に求められるのは、規模の拡大 ・縮小もさることながら、社会環境の変化に対応した企業としての体質転換なのです。大半の企業が成長できる右肩上がりの経済成長の時代は、既に過去のものとなりました。自己変革を遂げることができる企業のみが生き残れる訳です。

流通業界における企業の変革とは、その店舗スタイル ・業態の革新ということに他なりません。かつて、商業の世界での覇者ともいえた百貨店 ・デパートといった業態は、今や小売業の1スタイルに過ぎなくなり、コンビニエンスストアといった業態が売上高でも上回るという時代になりました。しかも、こうした変化にも早くも次の時代への転換期がおとずれようとしています。
日本という高人口密度の成熟した消費社会では、大量消費を支える大型商業施設へのニーズは依然として圧倒的なものがあります。しかもこうした大型店が、車社会に対応した大駐車場を持っているということは単に基礎的条件の一つにすぎなくなっています。
これからの企業間格差は

  • 日本社会の所得構成グラフの縦軸が下に伸びつつある中で、大半の生活者にとって魅力ある品揃えと価格の安さを実現できること
  • こうした大型店を高い生産性で運営できる技術を開発し続けられること

の2点において決定づけられるのです。

エイヴイではこれまでにも品揃えについての研究実験を積み重ね、単なる生活充足型の品揃えを脱皮し、多様な個々人のスペシャリティーニーズを満たす売場を開発してきました。又、商品の品質を維持しながらの低価格化実現のために、新しい物流システムと店舗スタイルの開発にも取り組んでいます。
これは、成熟した消費生活を営むこれからの時代のお客様に支持される店舗であり続ける為の取り組みです。
また企業としての競争力を高め、同時に存続 ・発展させていくのに必要十分な利益を確保するための戦略も展開してきました。すなわち、大型店を効率的に運営できるマネジメント力と各種業務を効果的に行う為の自社開発によるEDPシステムの構築です。更に、自社開発であるが故に、更なるシステムの開発と拡大を容易にし、次世代の店舗運営 ・オペレーションのシステム化を進めつつあります。
『 圧倒的な品揃え 』と『 低価格 』更に『 ローコストオペレーション 』を徹底して追及し、それらを新しい店舗スタイル( 業態 )の中に実現させてきた企業、それがエイヴイなのです。
エイヴイは、神奈川県南部に位置する業界中堅の流通企業です。当社には、常に時代に先駆けて新しい流通フォーマットの開発に挑み続けて来た歴史とこれからの夢があります。

代表取締役 木村忠昭

NEWS

お知らせ

一覧

  • 2019.06.10

    ホームページをリニューアルしました

PAGE TOP